中古戸建PRブログ(埼玉県比企郡小川町東小川)

空き家PRブログ(埼玉県小川町)

㈱三丁目不動産に売却依頼中の戸建を売主からもPR

物件のPRポイント【地盤の強さ】

数ある中からご覧頂きありがとうございます。

この記事では小川町のPRポイントを地盤の面からお伝えします。

f:id:fuku-appeal:20210404141136g:plain

東日本大震災

2011年3月11日のあの東日本大震災は、専門家によると百年に数回クラスの歴史的な大地震でした。

余談ながらマグニチュード10の地震は数千年から数万年に一度なので通常は想定しないんだそうです。

 

小川町の地盤の強さ

この東日本大震災で小川町は埼玉県内で唯一の震度3と、県内トップクラスの揺れの少なさでした。

もっとも揺れが少なかったのは所沢市北有楽町の震度2でしたので、小川町は2番目に震度が低かったのです。

上記の説明イラストのように、地震震源地から遠いほど必ず揺れが少ないというわけではなく、地盤の強さで大きく変わってきます。

参照元

実際に小川町の隣の嵐山町では震度5弱でした。

いかに小川町の地盤が周囲よりも強いかが分かります。 

住宅への影響

東日本大震災ですら震度3ですんだほど地盤の強い地域ですので、過去に大きな揺れにさらされたことは他地域と比べて少なかったといえます。

このことは地盤の強さだけでなく、家自体がこれまで揺れに晒されたことが比較的少なかったことになりますから、地震による家構造の痛みも他地域と比べて少ないと考えられます。

私の物件は1995年2月新築の築26年ですが、他地域の同じ築26年の住宅よりも地震による痛みは少ないものと思います。

首都直下型地震

地震に対する恐怖心というのは人それぞれ大きな差があり、舐めているような方もおられれば、過去のトラウマですぐに怯えてしまわれる方もおられます。

首都直下型地震は確実に遠からず起こるものと専門家はほぼ断言しており、その場合に震源地は海に近い大田区などに近く震度7に達すると予測されています。

 

どこでどのような地震が起ころうとも、小川町の地盤の強さは生きてきます。

地震が苦手な方やご年配の方にも是非ともご検討いただければと思います。

 

物件情報はこちら!

福山

物件のPRポイント【駐車スペース】

数ある中からご覧頂きありがとうございます。福山です。

この記事では売出し中の私の住宅のPRポイントをお伝えします。

普通車用の駐車スペースが2台

東小川地域の住宅の駐車スペース形態にはいくつかあり

  1. 1台だけ駐車可能
  2. 2台駐車できるが1台は軽自動車サイズ
  3. 2台駐車できるが縦並びで入れなければならない
  4. 2台とも普通車が独立に並んで駐車可能

という4パターンのどれかがほとんどです。

 

意外と「①1台だけ駐車可能」が多くあります。

たとえば私の物件の向かいには8軒の家が並んでおり、うち7軒は「①1台だけ駐車可能」です。そのほとんどはもう一台を別の月極駐車場を借りているのが実態です。

その月極駐車場も、住宅地の外れの空き地を造成した所のため徒歩で距離があり、また夜の駐車場内は外灯が十分とはいえず暗いところを行き来することになります。

 

また、「③2台駐車できるが縦並びで入れなければならない」については、想像しやすいかと思いますが、その度の出し入れが手間になります。地方暮らしはクルマが足といっても過言ではなく、また通勤で運転される方も多くおられますので決して軽視できない部分です。

 

私の物件は

f:id:fuku-appeal:20210403200640j:plain

f:id:fuku-appeal:20210403195957j:plain

この図面では左側の駐車スペースが小さめに描かれておりますが、2台とも普通車を停めることが出来ます

写真右側の駐車スペースは長さ5.5m位はあり、写真左側の増設駐車スペースは全長4.9mの国産車車庫証明もきちんと取得して10年以上停めておりました。

 

4.9mクラスの車種はたとえば、高級ミニバンのトヨタアルファード

f:id:fuku-appeal:20210403223839j:plain

ホンダ・オデッセイ

f:id:fuku-appeal:20210403224105p:plain

トヨタクラウン

f:id:fuku-appeal:20210403224244j:plain

などなど。

 

また、左側の駐車スペースは幅が2.7mほどもあって出し入れが楽です。

私の場合は普通車の横に中型バイク2台も停めておりました(250ccと400ccバイク)

さすがにメルセデスベンツSクラスのような大型車種は左側では長さが足りませんが、右側の駐車スペースであれば足ります。

f:id:fuku-appeal:20210403232540j:plain

さらにもう一台ミニバイクが駐車可能

さらに物件写真の門の向こう側に通路が有り、通常はポストの郵便物を取りに行くときに通るのですが、そのスペースにも原付バイクであれば入ります。原付バイクを停めても通路が塞がることはなくポストに取りに行くことが十分できます。

f:id:fuku-appeal:20210403232639j:plain

自転車を玄関前に置くことも可能

電動自転車はすぐ乗れるところに置いておきたいという場合でも、写真右側の駐車スペースは長さ5.5mほどあり、よほど大型車でなければ後ろにスペースが余りますのでそこに自転車を置くこともできます。

f:id:fuku-appeal:20210403233111j:plain

増設駐車スペースの作りも良好

写真左側の駐車スペースは元々庭であった所を新築購入時に工事でコンクリートの駐車スペースにしました。

住宅の販売会社から依頼した業者に入居前に施工してもらっただけあって、今でも変なヒビや割れなどなくしっかりしております。

 

東武東上線の有料特急TJライナーの補助金

数ある中からご覧頂きありがとうございます。

TJライナーとは

東武東上線には通常の特急のさらに上に、有料の特急である「TJライナー」というのがあります。

小田急線でいうところのロマンスカーとか、西武線でいうところのレッドアロー号みたいなものですね。

f:id:fuku-appeal:20210403202507j:plain

f:id:fuku-appeal:20210403202512j:plain

 

池袋に向かう上り方面の場合、小川町駅はもともと始発駅なのでほとんど確実に座れます。

さらにTJライナーですと、100%座れるだけでなく座り心地の良いシートで朝でも蜜になりにくい通勤がしやすくなります。

なんでしたら缶コーヒーでも窓際に置いて飲みながら景色も楽しめます。

 

TJライナーは朝だけでなく都内からの夕方以降も多くありますので、帰りに活用するのもおすすめです。

帰宅時に池袋から確実に座るために私は1本遅らせて並んでいたものですが、TJライナーであればそのように待つことなく乗れるので楽です。

 

小川町から補助金

小川町の移住促進の施策で、このTJライナーの費用の補助が受けられるようになりました。

f:id:fuku-appeal:20210403204018j:plain

もしホンダの寄居工場にお勤めの方は下り方面になるのでTJライナーの利用機会は少ないかもしれませんが、都内方面に通勤される方には是非ともご活用してほしい制度です!
 

私が売出し中の物件情報はこちらをクリック!

当ブログについて

数ある中からご覧頂きありがとうございます。福山と申します。

売出し中古戸建てをPR

こちらは、埼玉県で住んできた住宅売却を希望している私が住宅を紹介するためのブログです。

f:id:fuku-appeal:20210403195957j:plain


 

2021年3月に売り出し開始、㈱三丁目不動産の代表取締役松村さんに売買仲介を担当してもらっています。

私は直接売買をするわけではなく、あくまで三丁目不動産の仲介になります。

しかし、ただ不動産業者にPRを任せるだけでなく、売主自身からもご検討中の皆様に積極的にPRしていったほうがいいかもしれないと思いました。

現在ブログとツイッターを同時に立ち上げ、ブログで私がつくった記事をツイッターでお知らせする形でアピールしていきたいと思います。

 郊外移住の増加

新型コロナによるリモートワークの推進の動きもあってか、この地域への移住希望者も増加してきており、小川町では2020年秋の時点で昨対比で155%の増加とのことです。

 また、クルマを作っている本田技研工業が寄居に巨大な工場を建設・操業開始しただけでなく、本田技研工業の支出で東武東上線に新駅を建設したことで、通勤しやすい居住地の選択肢として小川町の住宅も検討が増加してきております。

 

より伝わるPRを

しかし、検討くださる方の立場にたてば、不動産屋業者が掲載した写真やアピールだけでなく、実際に住んでいた者の言葉による発信もあったほうがより伝わりやすいのではないかと思います。

 この地域の家は1つの不動産会社が新築分譲したもので、外観が似ているため、一見して違いがわかりにくいところがあります。

似たような外観で売買価格には差があるのですが、設備の有無や家の傷み具合によって差があるからと不動産業者さんから聞いています。

コメント応答は無し

当ブログではコメントを受け付けない方針です。

売買のと受付の代理を三丁目不動産に依頼している立場上、ご検討者様との質疑応答についても三丁目不動産を介して行う必要があります。

いくつかある不動産情報サイトに物件を掲載中ですので、お問い合わせはそのサイトから三丁目不動産にしていただきますようお願いします。

あくまでこのブログは不動産情報サイトの掲載情報に売主が情報を加えてお伝えするためのものとしております

名前は仮名

ブログ上では売主である私の名前を「福山」としておりますが、通常、不動産情報サイトでも売主の名前は非公開となっておりプライバシーもあるため仮名です。

当然ですが売買契約の際には正式にお伝えしますのでご安心下さい。

いつでも内覧、すぐ居住開始が可能

現在私の知る限りで3つの不動産情報サイトで掲載を確認しております

 

goo不動産はこちら↓

OCN不動産はこちら↓

「アットホーム」はこちらをクリック

 

gooとOCNは掲載内容がほぼ同じで、アットホームは写真が数枚少なめですが「お気に入り」の人数が表示されております。

家具を処分した完全な空き家ですのでいつでも内覧いただけます!

 

少しでも検討がしやすくなるようにコツコツと記事を載せてまいりますので、是非ともご検討をよろしくお願い致します。

 

福山